姫路で80年続く華道教室

花のいけ方だけでなく、人道や自然の摂理も学べる華道を伝えます

お問い合わせ お電話

当教室のご紹介

Introduction
村上嵯峨御流華道教室

当教室の特徴

村上嵯峨御流華道教室は兵庫県姫路市で80年続く華道教室です。
江戸時代から現代に至るまでの華道関連の書物を所有、研究しているので、伝承花へのアドバイスが的確。
多種多様な道具類を準備、本格的な稽古が可能となっております。
村上 巨樹

主宰
村上 巨樹(むらかみ なおき)

村上嵯峨御流華道教室3代目。
2代目の父に継ぐ事は勧められなかったが「伝統を途絶えさせてはいけない」と 17 歳で家業を継ぐ決意、父に師事するが、自ら学び取るという指導方法の元、古書や先人の花を参考に独自に学ぶ。
25歳で嵯峨御流華道姫路司所長就任。30歳で派遣講師合格。35歳で父が死去。
師を亡くし、古参の生徒が離れるなど苦難の時期もあったが目の前の生徒に誠実に指導することを積み重ね、46歳で嵯峨御流いけばな文化綜合研究所長に就任、今に至る。

現在
嵯峨御流華道総司所理事 嵯峨御流華道総司所評議員
嵯峨御流 いけばな文化綜合研究所長
(公財)日本いけばな芸術協会常任委員
兵庫県いけばな協会理事 姫路茶華道会会長
半どんの会文化賞受賞(2020年度)
村上 翠香

子ども教室担当
村上 翠香(むらかみ すいか)

海外旅行をきっかけに日本文化への関心が深まり23歳でいけばなを始める
26歳嵯峨御流師範取得。

現在
保育士の経験を生かし、子ども教室を担当
華道を嗜む事 により子どもの人間力を培う事をテーマとしている

教室風景 生徒様の声

「長年、稽古を続けても上手くいけられず、自分はセンスがないと思っていましたが、先生にコツを教えていただき作品が大幅に変わりました。今からでも成長できそうで稽古が楽しみです。」
(40代 自営業 女性)

「会社の受付に飾っています。お客様との会話の糸口になり、和やかに商談が進みます。」
(40代 男性 会社役員)

「お花をいけている間、背筋が伸び姿勢がよくなったような気がします。」
(10歳男子 保護者)

メディア掲載

朝日新聞記事

朝日新聞記事

産経新聞記事

産経新聞記事

神戸新聞週間まなびー記事

神戸新聞週間まなびー記事

毎日新聞記事

毎日新聞記事

よくあるご質問

Q&A
正座しなくてはいけませんか?
椅子に座っての稽古ですので正座の心配はございません
何を準備すれば良いでしょうか?
花バサミ、稽古に合わせた花器が必要です。教室でご用意、ご自身で準備どちらでも可能です。使用しやすい形状がありますから、事前にご相談ください。
許状は取得しなければいけませんか?
許状の 取得は任意です。強制するものではありません。

インスタグラム

Instagram